愛犬チワワの病気は膀胱結石~発症から5年再発3回の闘病記~

愛犬デカチワワは6才で膀胱結石を発症。療法食・膀胱洗浄・投薬・サプリメントなど様々な再発予防に取り組むも、5年の間に再発を繰り返し、膀胱結石摘出手術3回実施。現在4度目の再発が判明。さらには腸リンパ管拡張症・皮膚病を併発。そんな愛犬との闘病生活を中心に気になる犬情報を綴っています!

膀胱結石の治療と手術の話とその費用

犬がシュウ酸カルシウム結石になったときの治療の話

愛犬の膀胱結石がわかったとき、結石の成分(種類)は不明でした。 犬に多い結石の成分は、ストルバイトとシュウ酸カルシウムの2つです。我が家の愛犬の場合、1回目がストルバイト。その後の3回はシュウ酸カルシウムでした。 ストルバイト結石であれば、…

ペット保険に入るべきか?結石の愛犬に実際かかった費用を公開

愛犬にかかる費用は医療費が大半を占める 愛犬チワワは1歳の頃から皮膚が弱く、月に一度は薬浴のため動物病院へ通い、そのときからペット保険のお世話になっています。6歳の頃から現在の11歳までは、ストルバイトとシュウ酸カルシウム結石になり、手術を…

犬の手術はリスクが高い!?その理由を調べてみました

うちの愛犬チワワも高齢になってきました。 シュウ酸カルシウム結石を含め、これまでに5回も手術を経験しています。今まではさしたる問題もなく「手術」を乗り越えてきてくれましたが、年齢のことも考えると、今後はそう楽観的にも構えていられなくなりまし…

見るのはツライ!愛犬の膀胱結石手術の様子を画像で公開します

正直、飼い主としては愛犬の手術の様子を見るのはツライです! ↓ 我が家の愛犬デカチワワ(約6kg) 膀胱結石手術当日は、朝から食事は抜きです。食べるのが大好きな子なので、ご飯をあげられないのは本当にツラく心が痛みますね・・・(T_T)ごめんね 動物病…

膀胱結石の摘出手術後の軟便はストレスではなかったです

私の愛犬が結石摘出手術をした後の軟便は入院からのストレスではなかった 膀胱結石の摘出手術3度目の退院のときに、「ストレスだと思うけど少し軟便です」と獣医師の先生より説明がありました。そのときに処方された整腸剤を飲み終え、それでも軟便が続きま…

愛犬の膀胱結石の手術後の様子は血尿と軟便ぎみだけど元気です!

愛犬が膀胱結石の摘出手術をしてから10日経ちました。 手術後のワンちゃんの様子って心配になりますよね。 手術直後からの様子を書き留めておきます。 手術当日は、朝から食事を抜いて昼から手術でした。うちの子は空腹になると吐いてしまうことがよくあり…

犬の膀胱結石治療で手術しなければならないのはどんなとき?

愛犬が膀胱結石になってしまったとき、治療法として手術しなければならないのはどんなときでしょうか? 結論から言いますと、 石が大きくなってしまっているとき 石の成分がシュウ酸カルシウム結石のとき 緊急性が高いとき この3つがあげられます。 石が大…

ペット保険の重要性!犬の結石摘出手術にかかった実際の費用を公開!

愛犬の膀胱結石「摘出手術」にかかった費用を公開します 先日、愛犬が3度目の膀胱結石摘出手術をしました。入院は4日間。その時にかかった費用を公開します。 ↓ こちらが、明細書になります。 補足説明を入れておきますね。 ・皮膚手術とは、「腹壁ヘルニ…

ペットにとって入院生活はかえって病気のもと!?ストレス大??

ペットは病院が嫌い。 そんなワンちゃんは多いと思います。逆に病院好きなワンちゃんがいたら知りたいかも??(笑) そんな病院嫌いな子が、入院生活をするのはどれほどのストレスだろうか?と、私なりにちょっと考えてみました。 普段はお家で、大好きな家族…

愛犬の結石除去手術に立ち会って飼い主の責任について考える

いま愛犬が手術台にいるのは、私が1年前に「判断」を間違えたからかもしれない・・・。 飼い主の選択が、愛犬の命を左右する・・・。 そして、大切な「幸せな時間」も奪ってしまう・・・。 あらためて、愛犬のためにできることを考える。 愛犬が手術する姿…